バンコク 1日目 T&Kシーフード

サラデーン駅でお土産を物色したあとホテルへ戻ってチェックイン。そして夕方、ようやく減り始めたお腹の様子を伺いつつ、中華街へ向かう。

a0269198_394673.jpg
MRTフアラムポーン駅から中華街は歩くと20分以上かかるのでバスが便利なのだが、いまいち何番のに乗ればいいかわからない。一番多い40番のバスの運チャンに聞くと行くというので乗り込む。写真の青い服を着た女性が車掌役で、乗り込んでから彼女が集金に来る。卒業証書入れぐらいの大きさの鉄の筒のような缶を持っていて、ここに小銭やら領収書が入っている。10人ぐらいワッと乗り込んできてバラバラに座っても確実に集金するのだ。このシステムはインドネシアのジャカルタでも同じだが、あっちは男性だった。
その後男性車掌バージョンにも乗り合わせました。

a0269198_3152999.jpg
目指す店に近そうなバス停で降りる。ヤワラート通りという中華街のメインストリートに面している。乗ってきたバスはこんな感じ。一律8バーツっぽいが、エアコンつきだと高かったりするようだ。

a0269198_3173990.jpg
黄緑色のポロシャツがユニフォームの『T&Kシーフード』へ。ここもガイドブックの常連店。

a0269198_3183940.jpg
5時過ぎに入ったがすでに狭い1階は満席で、2階の窓側に案内された。ベランダにも厨房があるみたい。

a0269198_3195669.jpg
実は去年の同じ頃に初めてバンコクに来たときも海老を注文。グリル海老のSサイズ(海老の数だと思う)で150バーツだから400円ぐらいか。手長海老(スカンピー)は高級だしサイズもでかいんだが、なんなんだこの安さ!

a0269198_3231296.jpg
たまりません。味噌もたっぷりだが頭部はやや生臭みもあるので身だけのほうが良さそう。ウエットティッシュを持参したほうがいいです。

a0269198_3243918.jpg
ほんとは蒸し蟹も注文したかったが売り切れといわれた。代わりに頼んだソムタム風春雨。玉ねぎ&唐辛子が鬼のように辛く、春雨は甘酸っぱい。うーん、これは頼まなくっても良かったかも。

a0269198_3271367.jpg
周囲の客を観察していると、かなりの確率で土鍋風のスープを頼んでいる。お腹いっぱいだがたまらず注文。フカひれ入りのフィッシュスープであった。確か300バーツぐらい。

a0269198_3291885.jpg
まあ確かに、小さなフカひれが入っている。味はまあまあ。ここはやっぱり海老があればいい。両隣には中国系カップルが座って、どっちも20歳前みたいな感じ。そのうち1組は香港から来たという。それぞれメニュー選びから座席の選択まで、彼女たちが彼氏を完全に掌握していたのが面白かった。
[PR]
by tadodays | 2012-06-17 03:33 | バンコク旅行
<< バンコク 1日目 ダムクンさん... バンコク 1日目 ジョークプリ... >>