バンコク 4日目 ガイドブック紹介

a0269198_211875.jpg
今回使った資料を紹介。Bangkok's Top 50 Street Food Stallsは、去年バンコクに来たときに本屋で買ったグルメ本で、執筆されているのはロイターやウォールストリートジャーナルにも寄稿するタイ在住の女性ジャーナリストとのこと。徹底して庶民派B級フードを扱っているのは尊敬に値するが、ガイドブックとしては地図が貧弱で、本書のみでたどり着けるのは英語圏のそれも土地勘のある人だと思う。別の地図と前もってマージしておく必要あり。写真も文も楽しいのでおすすめです。

歩くバンコク2010〜2011年版(リンクは2012版)は、地図のカバーエリアが広くて、さらに地図が正確なのがいい。A5版というのも使いやすくて、地図中にいろいろ書き込んだり付箋を貼るのに良い。歩くシリーズは北京や上海でも台湾でも香港でも愛用しています。使い込むとすぐに綴じが破れるのが悲しい。

タイの街角ごはんは、去年初めてバンコクに行ったときに愛用。これも庶民派レストランを中心にリポートしてるのが楽しいのと、読み物としても好著です。レシピ本、タイ食材図鑑としても使える。ただし美味しい店は他の本やネットでもいろいろ見つかるから、他も見た方が良いです。各スポットの地図はすごくシンプルなイラストなのに、きちんとたどり着けます。

真ん中は、今回本屋で探したバスの路線図が入った地図。英語バージョンで、主立った通りの英語表記がわかるのと、自分の今いる近辺のおおざっぱな路線バスの番号の確認が可能だ。バス路線図はアジアに行ったときは必ず探すんだけど、中国のそれと比べると、タイのはややデキが悪い。道路に貼られたバスの番号表示だけだと、往路のバスなのか、復路のバスなのか、判別しにくいのだ。でも99バーツなので、タクシーを使いたくない人は早めに購入しましょう。

今回、最も活用したのは、ネットのバンコクナビ。お粥のジョークプリンスも、ルアテークも、ソンブーンもぜんぶバンコクナビ情報でした。台湾行きの時も台北ナビにお世話になりました。
[PR]
by tadodays | 2012-07-01 21:39 | バンコク旅行
<< バンコク 4日目 カオマンガイ... バンコク 3日目 ソンブーン(... >>