バンコク 土曜日 スクンビットタラート ソイ1 カオパッガイ

a0269198_143924.jpg
軍資金も補充できたので、BTSを乗り継いでプルンチット駅へと向かう。土曜朝の電車は空いている。

a0269198_144504.jpg
プルンチット駅からナナ駅へとスクンビット通りを歩く。高速の高架の下に集まるフードコート。高架の下には鉄道も通っていて、線路沿いに歩いて行くと、レゲエな人々の掘建て小屋風の家や、さらなるディープな食処が現れたりするんだけど、今回はスルーします。

a0269198_1482484.jpg
お目当てのナナホテルに到着。ゴーゴーバー隣接の、どう見ても連れ込み用のひなびたホテルだが、ここのシェフの料理が大好きなのだ。しかし、朝はホテル客のブレックファーストしか用意されていない。昼以降に行くこと、メモしておこう。

a0269198_1481178.jpg
プルンチット方向へ引き返して入ったのは、スクンビットタラート・ソイ1というでっかい倉庫みたいなフードコート。倉庫の入り口に屋台が数件あって、そこで注文して中で食べるのだ。良く通りがかるので気になっていた場所。レガシーエクスプレスというホテルの隣、道を挟んでマリオットホテルがある。

a0269198_14171167.jpg
朝10時に営業していたのは1軒のみ。写真付きメニューを見ながらカオパッガイ60バーツを注文する。厨房はこんな感じだ。

a0269198_14174675.jpg
ほどなく登場。期待してなかったんだけど意外と美味しそうではないか。

a0269198_14191371.jpg
見た目以上に辛いです。目玉焼きはカリッとして黄身はちゃんとトロリ。ご飯はボソボソだがイケる。鶏肉、やや固めのインゲン豆のような野菜、香りのあるバジルのような葉(バイ・カパオかな?)、そこに辛いソースが絡んでヒリヒリ美味しい。思わずシンハービール小ビン60バーツを追加する。強烈なヒリヒリはしばらくして引いた。

a0269198_14231772.jpg
テーブルにあった調味ソースはかなり塩気の強いニョクマム系。カオパッガイには不要かも。

ちなみに夜に来てみたら行列ができていた。営業している店の数も4、5軒はあって、どこも鮮魚や海老などの食材を並んでいたみたい。ランチで軽く食べる程度でいいかも。 <おすすめ度 ★★★☆☆>
[PR]
by tadodays | 2015-02-07 14:25 | バンコク旅行
<< バンコク 土曜日 ルンルアン ... バンコク 土曜日 両替について... >>