バンコク 日曜日 中華街 市場の奥で油っこいバミー

a0269198_11411958.jpg
ほぼ満腹なんだけど、もう少し中華街を見て回りたい。ふたたびジャルンクルン通りに戻って、通りの北側に広がるマーケットの裏手へ回り込む。春節が近いとあって、店頭に並んだ飾り付け用のグッズで真っ赤。

a0269198_11501552.jpg
市場の奥へと入って行くと、陽射しの届かない薄暗い通路の角で、スープ麺の店とバミーの店が営業中だ。特に奥のバミーの店は大盛況。

a0269198_11525569.jpg
すれ違うにも肩がぶつかりそうな狭い通路で、ゴンゴン火を炊き湯を沸かし、うだるような熱気の中、凄い勢いで作っている。

a0269198_11534849.jpg
メニューはわからないので、ほとんどの人が注文しているバミー35バーツを指差し注文。麺はドサッと大盛りで、スープは無い。しかし、この山と盛られ卵麺が相当ベタヌルで油臭い。甘じょっぱいタレがかかっているんだけど、とにかく油の匂いが問題で、そのまま食べ続けても慣れるのか微妙。テーブルにある塩気の強い黒っぽい醤油をかけると少しだけ油が引く気がするけど、そもそも使っている油が悪いのか日本人には合わないのか、といったところだ。

a0269198_1214329.jpg
トッピングのチャーシューはサクサクシャキシャキで旨味もあって美味しい。青梗菜も入る。

a0269198_122811.jpg
お客さんがひっきりなしに入ってくるところを見ると、ローカルの人たちには美味しい味なんだと思う。それとも大盛り感が人気なのか…。肉を切る、炒める、椀にぶち込むと、みんな分業で活気がある。その主が多分このハッサン風なヒゲおやじで、調理場中央の高台に陣取り豪快に麺を炒めつつ、たまにウォーホー的な奇声を上げてスタッフ(客も)を鼓舞する。カメラを向けるとこっちを見ながら「ジャポネがなんちゃら…」とか言いつつポーズをとってくれたのだが、おっさんごめん、ほとんど残してしまいました。気を悪くしませんように。  <おすすめ度 ★☆☆☆☆>
[PR]
by tadodays | 2015-02-20 11:44 | バンコク旅行
<< バンコク 日曜日 中華街 市場... バンコク 日曜日 中華街 ジュ... >>