バンコク 日曜日 ナナホテルでパッタイ

a0269198_10461534.jpg
オースワンが意外にあっさりだったのでお腹にまだスペースがあるような。ホテルに戻りつつナナ駅で降りて、またしてもナナホテルのレストランへやってきた。今回注文したのはパッタイ。

a0269198_104916100.jpg
チキンとポークから、チキンを選んだ。ワケギ、モヤシ、キャベツ、卵、タオ・フー・ヘンという固い豆腐、タクアンみたいな漬け物を刻んだもの、干しえび、鶏肉、そしてセンレック。平打ち麺のセンレックはコシがあり、ほんのり甘い。ポークにしようか迷ったが、チキンも悪くない。火の通し方が上手いのか、肉質は柔らかく繊細な旨味が出て、豆腐や卵と絡んだ優しい味です。ソースもパッキーマオガイよりずっと控えめで、辛くない。そういえばパッキーマオやグリーンカレーではしっかり使われるニンニクの香りもなかったような。

a0269198_10574181.jpg
ライムを絞り、チリが漬け込まれたものと、ナンプラー風のもの、二種の調味料を加えたら、味わいにまた奥行きが出て楽しめた。

a0269198_10565091.jpg
付け合わせで出てくる野菜類。ただ、料理自体が薄味というか繊細な味わいだけに今ひとつ使い道がわからず。

最後の晩餐気分で入ったナナホテル。お腹は減ってなかったけど、やはりここのは美味しい。5つ星ホテルのレストランなどはさらに上なのかもしれないが、この価格でこの安定感、また来ると思います。ただ、パッキーマオとパッタイだったら、パッキーマオのほうがいいと思った。 <おすすめ度 ★★★★☆>
[PR]
by tadodays | 2015-03-07 11:09 | バンコク旅行
<< バンコク 月曜日 ジョークマリ... バンコク 日曜日 オースワンは... >>