香港 1日目 鏞記酒家・・高級中華でガチョウのロースト

山を降りて向かったのは、以前も来たことのある高級中華料理の鏞記(ヨンキー)だ。今見返すと、気後れしたか店の内外の写真がまったくない。通されたのは二階。クラシックな中華料理は基本的に大勢で食べるものなので、一人で来るとどうも居心地が悪いです。

a0269198_22561253.jpg
もとより高級中華はチラ見だけと決めていたので、定番料理をササっとつまんで逃げ出すのだ(ケチ)。まず、ここへ来からにはピータン生姜だ。ドロッとした黄身の熟成具合と雑味のない香り、不思議とマッチする上品な甘さの生姜。しかも約6HKS(90円ぐらい)と大したことない。思わずお代わりだ。

a0269198_2325645.jpg
看板料理のガチョウのローストもマストアイテム。一人前1/4羽で100HKS(約1500円)と安くはないが、食べれば値打ちはわかると思う。

a0269198_23204865.jpg
炭火でパリッと焼き上げられた皮は香ばしく、中はしっとりジューシー。ちなみに外売部でご飯のついたお弁当をテイクアウトすると、肉の量は減るものの700円強とさらにお得だったりする。

a0269198_238261.jpg
調子にのって店員オススメの白身魚と野菜の炒め物も頼んでしまった。とても美味しかったが値段は覚えていない。お昼にワンタンとお粥を食べたこともあり、ここで打ち止め。バブリーな香港だけに超のつく高級中華レストランは星の数の如くあるはずだけど、創作料理などに浮気せず、地に足つけて王道を行く高級中華はやっぱり美味しいのであります。
[PR]
by tadodays | 2016-03-17 22:00 | 香港旅行
<< 香港 2日目 新刘記・・香港名... 香港 1日目 下町散策からビク... >>