クルアヌンソーン・・オフィス&マンション街の小さな空き地で優しいパッタイを・・★★★★★

a0269198_10364298.jpg
バンコク旅もそろそろ終了が近づいた。この6日目の滞在を最後に、明日は朝の飛行機で日本に戻ることになる。有終の美を飾るべく、奥様はプールとコンラッドのスパへ、僕は最後の食べ歩きへと日中は別行動だ。早朝から出たかったのに昨晩の食べ過ぎがたたって10時過ぎにホテルを出発した。チョンノンシー駅の東に広がる高級住宅街を歩く。楽しいなあ。

a0269198_10371389.jpg
目指す屋台を探しつつ道に迷ったり。振り返った先にはテトリスみたいだと話題の高層ビル、マハナコーンがそびえ立つ。駅から離れすぎたみたいだから戻ろう。

a0269198_10374320.jpg
目指す屋台はオフィスやマンションがひしめく一角にぽっかりと空いた駐車場のような場所にあった。ぎりぎり近くまで、まさかこんな場所にこんな空間があるとは想像つかない。明るい砂地は陽に照らされて、そこだけ原っぱみたいユルい景色が広がっている。のっけから印象いい。

a0269198_10381311.jpg
屋根付きプレハブの客室と、半分オープンの屋台キッチンを組み合わせた構造は、バンコク都心の屋台というより、郊外や地方都市の屋台みたい。女性中心で、写真だとわかりにくいんだけど、食器や食材類もきちんと片付いている。

a0269198_10384257.jpg
プレハブ内はパステルカラーの明るい雰囲気。こっちも掃除が行き届いている。まだ10時過ぎなので客は僕1人なのだ。

a0269198_10395140.jpg
パッタイ(60バーツ、約180円)を頼みます。逆光なのが残念だが、見た目はとても丁寧に仕上げてある。美味しそう。

a0269198_10402115.jpg
モチっとしてコシのあるセンレック、丁寧に下処理されたエビ、たくさんの押し豆腐、ほどよく炒られた卵、モヤシ、ニラ、干しエビ、ピーナッツ。これら食材を少なめの油であっさり炒め合わせて、それぞれの旨味や風味をタマリンドとライムとパームシュガーの甘酸っぱいソースが優しく包み込んでいる。紛れもなく人生ベストパッタイだ。

前日の食べ過ぎがたたってパッタイしか味わえなかったが、鮮度のいい食材と丁寧な下処理に加えて油や調味料も控え目な家庭料理のような味わいは、日本人の繊細な味覚にも相性がいいと思った。屋台の雰囲気も明るくて幸せな感じだし、次回はもっといろんな料理を頼んでみよう。<オススメ度 ★★★★>。



[PR]
by tadodays | 2016-11-05 12:04 | バンコク旅行
<< ポークルートゥン・・脅威のスー... ラープペットヤソートン・・ジャ... >>