オームブン、素朴な中華系ベジタリアン食堂・・・★★★★☆

a0269198_11073227.jpg
日曜日いっぱい体調不良で寝込んだ奥様も、月曜の朝にはようやくご回復の兆し。まずは体に優しいご飯、ということでソンテウを乗り継いでやってきたのがここ。「オームブン」は旅行の参考にさせてもらっている「お食事」さんのブログにも紹介されている。場所はナイトバザールからChang Klan通りを1kmほど南下して、アート・イン・パラダイスというイリュージョン物ギャラリー(だまし絵美術館)の先を左に入った右手だ。ちょっとひなびた感じのオープンな食堂。>グーグルマップ 18.77581, 98.99953

a0269198_11071790.jpg
11時前でガランとしてるけど清潔感はある。店の人は中国語を話している様子。

a0269198_11071403.jpg
この日は20種類ほどの惣菜、3種類のスープ、赤米や雑穀米のご飯などがあり、すべてベジタリアンとのこと。

a0269198_11072425.jpg
惣菜をプレートに好きなだけ取って、レジで重さで会計するシステム。

a0269198_11064940.jpg
自分のはこんな。60バーツだから200円ぐらい。どの料理もほどよい塩加減で、料理の半分はけっこう辛い。ツル植物や豆類、トマトなど地野菜に豆腐やしいたけなどが主な食材。ひき肉炒めのような料理もあるのだが、これが驚くほど肉に負けない風味と旨味をもっていて、しばらくは信じられなかった。濃厚なトマトの味も印象的だ。

a0269198_11072067.jpg
かぼちゃのスープもあっさりした甘みがやさしい。オームブン、チェンマイまで来てマストで行く店ではないと思うけど、肩肘張らないベジタリアンの家庭料理というのはほっとできる。安いし、地元にこういう店があったら通いたいと思いました。星3.5が無いのでやや甘めの(★★★★☆)とします。


[PR]
by tadodays | 2017-05-14 12:01 | チェンマイ旅行
<< クルアペット ドーイガーム、北... チャンクラン通りのカオマンガイ... >>